コンビニATMでキャッシングOK!

コンビニキャッシング 人気業者BEST3

近くのコンビニで安心、簡単、スピーディーにキャッシングできる会社を紹介します。

 

初めてで不安な方、サービスごとの評判や特徴を参考にしてみてください。

 

 

プロミスの特徴

テレビCMでもお馴染みのプロミス♪Web契約なら審査は最短30分、最短1時間融資も可能なので「とにかく急ぎでお金が必要!」という方におすすめです。

店舗 セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サンクス・ミニストップ
評価 評価5
備考 4.5%〜17.8%
プロミスの総評

借りる時も返す時も、近くのコンビニや銀行で簡単に行うことができます。実質年率も4.5%〜17.8%と低めに設定されていますので、家賃の引き落としやローンの残高不足時など…困ったときは利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

モビットの特徴

三井住友銀行グループの「モビット」。Web完結申込みであれば、電話連絡や郵送物も一切不要で借り入れが可能です。コンビニなど130,000台(2016年10月現在)の提携ATMが設置されているので、全国どこにいても気軽に利用できます。

店舗 セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サンクス・ミニストップ
評価 評価4
備考 3.0%〜18.0%
モビットの総評

申し込み後、10秒簡易審査で結果が分かるので、「お金がどうしても必要…」「今すぐお金が必要…」という時に煩わしい思いをせずに、最短で借り入れ可能なおすすめの会社です。

 

 

 

アイフルの特徴

アイフルのご融資審査は最短30分で完了しますので、お急ぎの方におすすめです。また初めての方に限り、最大30日間「金利ゼロ」で利用できるのも嬉しい♪アイフルはサポートが丁寧でシステムも分かりやすいので、初めてキャッシングをする方に最適なサービスになります。

店舗 セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サンクス・ミニストップ
評価 評価3
備考 4.5%〜18.0%
アイフルの総評

ネットで申込みをすると、来店不要で、即日借入することができます。もちろん24時間申込みは可能です。一定の収入があれば、審査のうえでパート・アルバイトの方でも融資を受けることができます。コンビニATMやスーパー、ネットでも借入が可能です。最も便利なのがセブンイレブンの「セブン銀行」。他にも「ローソンATM」、ファミリーマートやミニストップの「E-net」、サークルK、サンクスに設置されている「ゼロバンク」等でご利用いただけます。

 

 

 

コンビニキャッシングを利用するメリット

コンビニATM

コンビニキャッシングは、24時間、近くのコンビニでキャッシングが出来るとても便利なサービスです。

 

・急な出費で現金が必要になった
・旅行中にお金が足りなくなった
・家賃やローンの残高不足

 

こんな時に、借入のしやすさを考えれば、身近なコンビニATMを利用するのが1番でしょう。

 

コンビニキャッシングでは、「借入」だけではなく「返済」も手軽に行うことができますし、会社によっては「一定期間無利息」で借入をすることも可能です。

 

手数料がお得!

通常コンビニATMを利用して銀行預金を引き出すと、手数料が105円〜210円程度かかってしまいますが、キャッシングの場合は、休日でも夜間でも手数料は一切掛かりません。

 

預金をわざわざ手数料を支払って引き出すよりも、キャッシングを利用して無利息期間内に返済したほうが、無駄な出費を抑えることができるのです。

 

例えば、休日に急ぎで3万円が必要となり、コンビニATMを利用して銀行口座から自分の預金を引き出した場合、210円のATM手数料が掛かってしまいます。

 

コンビニ素材

それに対して、3万円をキャッシングして、3日後に返済した場合は、仮に金利15%だったとしても、40円程度の利息のみで済みます。

 

つまり、銀行口座から引き出して210円のATM手数料を支払うよりも、キャッシングを利用するほうが150円もお得になるのです。

 

「キャシングは怖い」と感じている方も少なくありませんが、正しい知識を身に付け、状況に応じて上手に使い分ければとても便利なサービスなのです。

 

また業者を選ぶ際、借入・返済がしやすく便利なコンビニキャッシングですが、どの会社を利用しても良いという訳ではありません。

 

中には、借入までに時間が掛かったり、無利息期間が設けられていなかったり…迅速かつ信頼のできる会社を選ぶ事が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

1つの産業は三十年が節目になるという説があります。明治の花型産業である繊維業に始まり、石炭、造船、鉄鋼、自動車など多くの産業が日本経済を支えて来ました。現在では、すでに衰退した産業もあれば、今でも中心となり日本を支えている産業もあります。クレジット・キャッシングカードが初めて日本に登場して以来、早40年が過ぎようとしています。産業30年説を考えれば、クレジット・キャッシング・カードローン産業は衰退期に入ってもよさそうですが、システム間の主役の交替はあっても、一貫して成長を続けている産業だと言えるでしょう。これも消費者のために、というコンシューマークレジットの基本精神を、今もなおキャッシング、クレジットを扱う企業が忘れなかったからだと言えるでしょう。昨近、このコンシューマークレジットの理念を再確認しましたが、クレジット産業を巡る環境は驚くべきほど変化しています。キャッシング・クレジット・カードローンビジネスでは、クレジットカードに欠かせないものとなっているロイヤルティマーケティングや、これから本格的な実用段階に入るデビットカード、電子マネー、コンビニATMキャッシングについても、新しい決済手段の1つとして取り上げられるでしょう。なお、破産やプライバシー保護など消費者問題とも関わりの深いテーマについても、併せてお読み頂き、よりいっそうクレジット・キャッシングカードの知識を深めて頂ければ幸いです。返済を延滞したらどうなるの?キャッシングなどにより融資を受けた後は、毎月これを返済していく必要があります。では、この返済を延滞してしまった場合どうなるのでしょうか。返済を延滞した場合、消費者金融会社に遅延損害金を支払わなければなりません。たとえ、うっかり数日間忘れてしまっていたような場合であっても、それはかわりません。遅延損害金とは、返済を遅れてしまったことに対する損害賠償のことで、契約をする際には遅延損害金利率も含めて書面に記載されていますのでしっかりと確認することが必要です。遅延損害金は、返済が遅れた分に対して支払うものですので、たとえば10万円借りていて、返済が10日間遅れてしまった場合には、10万円×遅延損害金利率×10、で計算される額を支払わなければならなくなります。数日間遅れただけですと数百円で済みますが、それが重なればかなりの金額になることもありますので注意が必要です。遅延損害金の額を決定する基準となる遅延損害金利率は、各消費者金融会社で決められています。そして、この遅延損害金利率については上限が利息制限法で定められており、貸付額が10万円未満の場合は年利29.2%、10万円以上100万円未満の場合は26.28%、100万円以上の場合は21.9%となっています。遅延損害金利率は、通常の利率よりもかなり高く設定されていますので、きちんと期日までに返済をすることが重要です。また、返済の延滞を繰り返すと遅延損害金も併せて支払わなければならなくなり、毎月の返済がどんどんしんどくなっていきます。そのため、キャッシングやカードローンの利用に当たっては計画性と期日を守った返済が重要となります。また、返済の延滞を繰り返すと信用情報機関に事故情報として報告されてしまい、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態になってしまいます。一度ブラックリストに載ってしまうと最長で5年間その情報が保存され、その間は他の消費者金融等のサービスを受けられなくなるだけでなく、例えば、携帯電話の新規契約ができなくなるということもありますので、注意が必要です。

更新履歴