利息の計算方法とは?

キャッシングをした場合、当然返済をしなければなりません。そして返済をする際には元金の他に、利息もあわせて返済する必要があります。消費者金融業者はそれぞれ貸付をする際に利率を設定しており、契約書にも明記されています。

 

それでは、利息はそのように計算すればよいのでしょうか。利息は、利息=借入残高×金利×借入期間、で計算することができます。そして、利息の計算方法には二つの方式があります。一つは元利均等返済方式、もう一つが元金均等返済方式です。

 

元利均等返済方式は、毎回返済する元金と利息の合計額が、返済の開始から終了までずっと変わらず均等になるような、利息の算出方法です。この計算方法によると、毎月の返済額が同じになりますので、今月は沢山返済しなければいけない、ということがなく、計画的に返済をすることができます。

 

しかし、利息は借入残高に応じて計算されますので返済開始からしばらくは返済額のうち、利息の占める割合が大きく、なかなか元金が減らないというデメリットがあります。

 

これに対し元金均等返済方式は、毎回返済する元金を均等にし、その元金に利息を合わせた金額を返済していく、という利息の算出方式です。この方法による場合、最初の返済額は、借入残高が多い分利息も多くなるので高額になってしまいます。

 

ただし、均等に割られた金額は全て元金の返済に充てられますので、返済すべき利息額の減りも早いです。以上から、元利均等返済方式によると、毎月の返済額が一定なので生活を圧迫することなく計画的に返済をすることが可能ですが、なかなか元金が減らない分、支払うべき利息の金額も多くなり、結果的に返済総額が多くなってしまうというデメリットがあります。

 

これに対して元金均等返済方式では、最初のうちの返済額は高額になりますが、元金の減りに比例して利息の額も減りますので、元利均等返済方式よりも、返済総額が少なくて済みます。

 

これらのメリット、デメリットを理解した上で自分が利用する消費者金融業者等がどのような利息の計算方法を採用しているのかを、予め調べておくといいでしょう。