キャッシングに必要な収入証明書・所得証明書とは?

私たちが生活していく中で、どうしても必要となるのがお金です。

 

何をするにもお金がないと生きていけないわけです。

 

例えば、食べ物についても、住宅についても、インフラなどの費用も全てはお金を支払って受けていることになります。

 

そのお金が無くなったら、生活していくことができなくなります。

 

人間、一度はお金に困る経験をするかと思いますが、そんな時にキャッシングの利用を検討するケースも出てきます。

 

実は、ここ数年でキャッシング業界に大きな変化が出ています。

 

それは、法改正により貸す側にも借りる側にも大きな影響を及ぼしているのですが、その中でも契約時に収入証明書か所得証明書をキャッシング会社に提出しなければならなくなりました。

 

では、収入証明書と所得証明書とはどのようなものなのでしょうか?

 

収入証明書・所得証明書とは?

収入証明書や所得証明書とは、簡単に言うとご自身が1年間に得た所得の内容が記載されている証明書になります。

 

例えば、給与と賞与がどの程度あり、源泉徴収がどの程度あったのかが一枚の紙に記載されています。

 

年単位でのものですので、毎年必ず発行されているものです。

 

基本は、お勤め人の方であれば会社で受け取ることができるものになります。

 

重要な個人情報といえますね。

 

なぜ収入証明書・所得証明書が必要なのか?

以前は、収入証明書・所得証明書などの提出は不要なケースがほとんどでしたが、法改正によりキャッシング利用額は1年間の収入の1/3までに規制されました。

 

よって、その1年間の収入の1/3を確認する方法として、収入証明書・所得証明書の提出が必要となるわけです。

 

これは、債務超過する人を減らそうと言う流れの一環で行われていることになります。

 

これは必然的な流れと言えます。

 

基本は、収入証明書・所得証明書を提出して証明してあげれば、特に審査時に困ることは無いはずです。