キャッシングコラム記事一覧

キャッシング・クレジットは、日本経済の、また消費生活において欠かせない役割を担っています。都市部の消費者の財布には、クレジットカード・キャッシングカードがたいてい一枚、二枚は入っているだろうし、車や高額商品を購入するときは、クレジット・キャッシングサービスは必要な道具の1つだと言えるでしょう。現在では、当たり前のようになっているクレジット・キャッシングカードですが、特別な物的担保がなくても、しかも...

人間は、生活レベルが上がるにつれ、自給自足の生活から抜けだして、第三者から物品やサービスを得る一方で、第三者に物品やサービスを提供することによって、交換経済社会を創りだしてきました。このような物々交換から始まった経済活動においては、貝・金塊・金貨・紙幣、または小切手と様々な取引手段が生み出されてきたのです。このような支払い手段が生み出されてきた背景には、より手軽に、より機能的にといった要求があった...

キャッシングやクレジットの発展を促したのは、定期的な収入を得ることができる給与所得者層の増加だと言えるでしょう。しかし、給与所得者は、所得が安定している反面、通常、短期間で膨大な金銭を得ることは難しいです。従って、高額な耐久消費財や資産を購入する場合には、月々の給与で一括返済することは不可能な訳ですから、長期的に返済するプランを検討します。そこで、初めて消費者に対する分割返済制度の必要が出てくるの...

消費者がキャッシング、コンビニキャッシングをどのように考え、どのように付き合っているかを考えてみましょう。これは仮説になりますが、「消費者の行動は変化しますが、消費者の考え方はそれほど変わりません。」今でも新商品や新サービスがヒットすると、「考え方の柔軟な若者は、新しいものを積極的に取り込む」からと言われますが、クレジットやキャッシングも同じでした。コンビニATMの利用も同様です。1970年〜80...

クレジットカードは現在、日本で3億2,000万枚が発行されており、国民1人あたり約3枚を保有している計算になります。今では、クレジットやキャッシングは私達の消費生活に欠かせない必需品となっています。クレジットカードがここまで浸透した要因として、原則、預金や不動産など担保のある人に融資する金融機関に対して、クレジジットやキャッシング会社は無担保で商品やサービス、お金を提供してくれることです。業者は利...

ローンカードを発行する際に、必ず審査を受ける必要があります。住宅ローンを申込む際も同様ですが、残念なことに、中には審査不適合で落ちてしまう場合もあります。「審査に落ちたことに納得がいかない」「どうして落ちてしまったんだろう。理由を教えて欲しい」と疑問を持つ方も多いと思います。しかしながら、その疑問に対して明確な答えを用意することは難しいといえるでしょう。なぜなら、カード会社や銀行には、審査基準や落...

JICCとは、株式会社日本信用情報機構のことです。JICCは、貸金業法にも定められている指定信用情報機関で、契約情報や延滞情報、破産、民事再生、債務整理情報、申込み照会記録等の情報を扱っています。JICCの加盟会員の約65%が消費者金融会社で、次いで保証・リース会社が15%を占めており、また、消費者向け貸金業者の約80%がJICCに加盟しています。このことからも、ほとんどの消費者金融業者が審査の際...

キャッシングが日本で普及したのは、1960年台であると言われています。当初は、働き盛りのサラリーマンの方がこぞって利用していて、その名の通りサラリーマン金融(略してサラ金)と呼ばれていました。その後、1980年台には徐々に女性の利用数も増えてきました。それは、バブル経済により多くの銀行がじゃんじゃんとお金を融資していた事と、バブルにより先の見通しが明るかった為、借りやすい環境であった点が挙げられま...