キャッシングとクレジットカードの違い

クレジットカードは、簡単に言うと信用により商品を購入できるカードです。お店で買い物をする際やレストランで食事をする際、クレジットカードを提示することで、現金を支払うことなく買い物や食事をすることができるのです。

 

これは、クレジット会社が代金を立て替え払いし、後日、クレジット会社を通じてカード所有者にその代金が請求されるためです。クレジットカードを利用すると、手元に現金がない場合でも買い物等をすることができるので、給料日前等には非常に便利です。

 

クレジットカードのご利用代金の支払いは、1回払いから複数回払いまで選択でき、2回、もしくは3回までは金利、手数料がいらない、というところも多いようです。また、クレジットカードにはキャッシング機能が付いている場合もあります。

 

クレジットカードを用いてのキャッシングの場合、その返済は翌月一回払いが基本です。また、キャッシング利用の場合は、お買い物や食事のときと異なり1回払いでも利息がつくところが多いようです。

 

これに対しキャッシングとは、小口の融資のことをいいます。消費者金融業者や信販系の会社、クレジット会社などがキャッシングカードを発行しており店舗はもちろん、提携ATMやコンビニエンスストア等でもキャッシング可能です。そして、キャッシングの場合は基本的に翌月一括払い、ローンの場合は複数回に分けての返済となります。

 

クレジットカードとキャッシングの違いですが、簡単に言うと、前者は買い物や食事をツケによってすることであり、後者は現金の融資を受けることである、という違いがあります。また、キャッシング機能の付いているクレジットカードもありますが、キャッシング限度額はキャッシング専用カードと比べると少額になっています。

 

そのため、買い物や食事の支払いに使ったり、キャッシングをしたりというように多目的な利用をするにはクレジットカードを、現金の融資を受けたい場合にはキャッシングを利用するといいでしょう。