保証人と連帯保証人の違い

誰でも、「例え身内であっても、保証人にだけはなるな」というセリフを一度は聞いたことがあると思います。では、どうして保証人になってはいけないのでしょうか。そもそも、保証人・連帯保証人とはどのようなものなのでしょうか。

 

保証人とは、お金を借りた人がその返済をしない場合に、その人に代わって借金の返済をしなければいけない人のことをいいます。これに対して連帯保証人とは、お金を借りた本人と連帯してその借金を返済する義務を負う人のことをいいます。では、「連帯して」とは、どのような意味なのでしょうか。以下、具体的に考察していきましょう。

 

保証人も連帯保証人も民法上、その負担すべき義務が規定されています。そして保証人には催告の抗弁権(民法452条)と検索の抗弁権(民法453条)が認められていますが、連帯保証人には、これらの権利が認められていません。

 

催告の抗弁権とはどのような権利なのでしょうか。例えば、あなたがAさんの保証人になったという場合、Aさんにお金を貸している人があなたに対して「Aさんの借金を払え」と言ってきたとします。このときあなたが単なる保証人であれば、「私に言う前にまずはAさんにお金を返せと言いに行け」と主張できるのです。

 

そして、このような主張ができる権利のことを、催告の抗弁権と言います。では、検索の抗弁権とはどのような権利なのでしょうか。例えばあなたがAさんの保証人になったという場合に、Aさんにお金を貸している人があなたの財産を差し押さえようとしてきたとします。

 

このときあなたが単なる保証人であれば、Aさんにお金を貸している人に対して、Aさんが借金を返済できるお金を持っているか、簡単に強制執行できるような財産を持っていることを証明したうえで、「まずはAさんの財産を差押えてください」と主張することができるのです。そして、このような主張ができる権利のことを、検索の抗弁権というのです。

 

以上のことからもわかるように、保証人は、お金を借りた人が返済をできなくなった場合にのみ、その人に代わって借金を返済しなければならないのに対して、連帯保証人は、文字通り、お金を借りた本人と「連帯して」その借金を返済する義務を負うため、催告の抗弁権も検索の抗弁権も認められないのですね。

 

つまり、連帯保証人の方が、背負うべき義務の範囲が広いといえます。