「キャッシンク?」と「サラ金」の違いとは?

サラ金というと、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

昔で言うと、サラ金=闇なイメージがあって、事実ではないにせよあまり良い噂を聞かなかったものです。

 

ドラマなどでも、サラ金で働く人はどこかいかつく、非常に怖いお兄さんが取り立てしている、なんてネガティブなものもあったわけです。

 

実際には、これらはヤミ金のことであって、サラ金はクリーンな会社が運営しているものになります。

 

最近では、人気アイドルがCMに登場するなど、そのイメージは大きく変わってきている印象を受けるのですが、ではサラ金とキャッシングは何が違うのでしょうか?

 

今回は、実は意外と知られていない「キャッシング」と「サラ金」の違いについて紹介していきます。

 

サラ金とは?

まずは、サラ金についての詳細を紹介していきます。

 

サラ金とは、サラリーマン金融の略で、更に正確な名称は消費者金融業者と言います。

 

銀行や信販会社以外の業種が貸金業を行う場合に、消費者金融業者と呼んでいます。

 

有名なところでは、アコム、プロミス、アイフル、ノーローン、モビットなどが消費者金融業者に該当します。

 

これらの会社は、しっかりと認可を受けて運営していることになります。

 

「キャッシング」と「サラ金」の違いは?

では、「キャッシング」と「サラ金」は何が違うのかについて紹介します。

 

端的にいうと、実は銀行や信販会社であるか、消費者金融業者であるかだけの違いであり、サービス内容にはなんの違いもありません。

 

かつては、消費者金融業者は金利がべらぼうに高く、また悪質な取り立てが社会問題にもなったことがありますが、今では両者は同レベルのサービスを展開しています。

 

会社の安定感で言えば、やはり銀行や信販会社の方に信頼をおけると思いますが、最近のサラ金のがんばりには眼を見張るものがあり、CMでもよく目にしますよね。

 

総括しますと、「キャッシング」と「サラ金」は運営母体が違うだけで、基本的にはほぼ同じサービスを受けることができます。