家族や勤務先にばれずにキャッシングできる?

人間、誰もが隠し事を持っているものですよね。

 

その隠し事には大小あれど、何かしらの嘘をついて生き続けているわけです。

 

私も、家族には言えない隠し事を幾つも持っています。

 

そんな隠し事のひとつに、借金があります。

 

決して額は大きくないものの、もしばれると家族に心配をかけてしまうと思い、借金していることを隠しています。

 

実は、私だけでなく多くの方がキャッシングを家族や勤務先に知られたくないと思っているようです。

 

では実際に、キャッシングを利用していることを家族や勤務先にばれずに利用できるものなのでしょうか?

 

今回は、キャッシングの秘密性について調べてみました。

 

キャッシング利用は、ばれずにできる?

キャッシング利用の大まかな流れとしては、まずはホームページ等で申し込みを行います。

 

その際に、住所、氏名、年齢、勤務先情報、収入や借り入れ状況などを記入します。

 

その後、申し込まれた内容を基にして審査が行われ、その後審査が通れば利用できるという形になります。

 

一番気になるのが、審査時に行われる在籍確認です。

 

在籍確認とは、申し込み時に報告された会社に本当に在籍しているかの確認作業になります。

 

その方法とは、勤務先に電話して実際に電話に出るかどうか、もしくは不在でも在籍が確認できるかでチェックされます。

 

キャッシング会社としても、基本はいきなり会社名を告げずに個人名を名乗りますが、聞かれると会社名を名乗らざるを得ません。

 

そこで、その人がキャッシング会社を利用している!という事がばれるケースがあります。

 

どうしてもばれたくない場合は、在籍確認をするケースの少ないキャッシング会社を選択する必要があります。

 

利用後にばれるケースは?

キャッシング利用している中で、ばれるケースとしては送付物によるケースが考えられます。

 

契約時に、利用明細などを送付しないように設定できるケースが殆どですが、契約変更時や滞納などの事故があった場合は、郵便で送付されます。

 

この時に、家族にばれてしまう事が良くあるようです。