キャッシングの審査基準とは?

キャッシングとは、単純に金融機関からお金を借りる行為ですので、誰でも利用できるわけではありません。

 

金融機関も、得体のしれない人にホイホイとお金を貸すほど余裕はなく、きちんと審査をしてその人が問題ないことを確認して貸付してくれるわけです。

 

もちろん、これはやって当たり前な行為なわけですが、利用したい側にとっては審査基準が明確にされていないので、本当に利用できるか心配になります。

 

しかも、審査に落ちようものなら納得も行きませんよね。

 

そこで今回は、キャッシングの審査基準はどのようなものとなっているのかについて紹介していきます。

 

キャッシングの審査基準は明確にされている?

まずは、キャッシング会社が本当に審査基準を公開していないのかについて調べてみました。

 

やはり、公式ホームページ等ではそのような詳細な情報は公開されていません。

 

但し、実際には大きく分けて3つの情報から判断されているようです。

 

属性ポイントで審査

属性ポイントとは、その人の現在の職業や勤務形態、会社への在籍年数などを点数で示し、その総合点で判断する方法です。

 

ものすごく単純な話で、例えば定職についていればその分だけ収入は多くなるわけですし、在籍年数が多ければ、その人の人柄も自然と見えてくるわけですので、採点は高くなります。

 

あと、持ち家があるかないかも重要なポイントになります。

 

これらの情報は、ホームページで入力する項目ばかりですので、ある程度デジタルで点数化できますが、そこから人間の目でさじ加減を加えていきます。

 

属性モデル像で審査

次に紹介するのは、属性モデル像です。

 

これは、申請時に受けた個人情報を基に、過去同じ経歴を持つ人の情報のデータベースがあり、そのデータベースと照合して判断する方法です。

 

データベースと合致する人が、例えば滞納ばかり繰り返していたりすると、その人に融資するのは危険という事になります。

 

もちろん、いい意味でも悪い意味でも例外は発生するわけですが、これは統計学に近い考え方になります。

 

信用情報機関の情報で審査

これはどのキャッシング会社でも、ある程度公開されている審査基準です。

 

クレジットカードやローンなどで返済が滞納してしまうと、信用情報機関に履歴が残ります。

 

キャッシングの審査時に、その信用情報機関に問い合わせをすることになりますが、履歴があるということは、審査において大きなマイナスポイントとなります。

 

過去、そのような経験がある方はキャッシングの審査面では不利となってしまいます。