総量規制とは?

カードローンやクレジットカードの審査に落ちてしまう理由は、大きく2つあります。1つは過去のカード利用で、なんらかの事故情報が残ってしまっている場合。2つ目は、すでに「総量規制」の枠を越えた借入がある場合です。ここでは「総量規制」について詳しく説明していきたいと思います。

 

「総量規制」とは、2010年6月18日に施行された改正賃金業法に基づくもので、年収の3分の1が個人の借入総額の上限となり、それを越えてしまうと、原則新たな借入ができません。

 

総量規制の対象となるのは、あくまでキャッシング枠の話であり、ショッピング枠はまた別の枠になります。また銀行の借入や事業用資金としての個人での借入も対象外となります。

 

例えば、年収300万円の方であれば、総額100万円までしか借入することができません。年収が1000万円あるような高所得者と言われるような人でも、他社で330万円以上の借入があると、新規の申込みは全て却下の対象となります。一流企業に勤めていようが、どんなに年収があろうが、結果は同じです。

 

総量規制では、とにかく数字で切られてしまいます。例えば仕事で日本中・世界中を飛び回っているような人は、交通費や宿泊費がかさみ、
会社からの仮払金だけでは賄えないケースも出てきます。

 

自分で立て替えることになるのが一般的ですが、それが積み重なると、自分名義の借入額はどんどんと膨らんでいきます。そこでいざ新しいカードを作成しようとした時に「総量規制」に引っ掛かりカードが作れないといったケースも考えられます。実質、自分の借金ではないにも関わらず、「総量規制」によって新たな借入が出来なくなってしまうのです。

 

もし「計算してみて、自分の借入額が総量規制の枠を越えていた」といった場合は、改正貸金業法の趣旨に従い、「これ以上カードは作らないほうが良い」といった判断になります。

 

自分が借入を行っている金額はどのぐらいなのか、把握することは大切です。総量規制によってカードの審査に落ちてしまった場合は、「計画的な利用・現実的な収支計画」を改めて考えなおすことをおすすめします。

 

審査落ちは1つの危険信号の目安として、冷静に受け止めましょう。